レイク 過払い金

レイク「貸したカネは絶対に回収する」のがレイクの基本姿勢

債務整理 無料相談

レイクの過払い金請求対応

 

少々過激な言い方かもしれませんが、「貸したカネは絶対に回収する」のがレイクの基本姿勢です。

 

間違ってはいません。
本来、借りたら返すのが当たり前なんですから。

 

それを重々分かった上でどうしても返済できないから、債務整理をするわけですが
レイクはそれを許さないという方針なのです。

 

ですから、払えなくなってしまって、弁護士や司法書士を雇い、債務整理をしようとした場合
レイクは即裁判を起こし給料の差し押さえ強制執行できる債務名義をとります。

 

 

取引履歴開示までに要する期間

 

約2週間~3週間前後で開示。

 

  • 過払い金返還の請求に対して相手側より回答が来ることはない。
  •  

  • 連絡をしてもなかなか担当者がつかまらない
  •  

  • 和解後、実際の過払い金返金までは約1ヶ月~2ヶ月前後先は普通。
  •  

  • 争点のない内容であれば、第1回期日~第2回期日までに利息含めた全額の返還で和解となるケースがほとんど。
  •  

  • 多くは第1回期日前に和解となる。
  •  

  • 訴訟提起をすればスムーズに利息付加の和解の話が進められる。
  •  

 

レイクは債務整理の申し立てには即裁判で臨みます。

 

他の大手では個人での過払い請求にもマニュアルにそって進めていますが(それでも足元をみますが・・・)レイクはその傾向が顕著です。

 

レイクは今は新生銀行グループになって「新生銀行カードローン レイク」が正式名称で、銀行、銀行
自分のところは消費者金融ではなくて銀行なんだと超アピールしていますが態勢は以前とまったく
変わらない体質です。

 

督促や催促の電話は超早いです。

 

移動情報とともに、その人の取立は専門の部署が行います
取立ては朝9時前、夜8時以降はしてはいけないとされていますが
9時とともに電話がきます。

 

こうやって追いつめて、どこよりも自分のところを先に払うように
していきます。

 

とても個人で債務整理を進めていけるようなところではありません。
メンタルが頑丈な人であれば、大丈夫でしょうが、レイクは人がどんな感情をもち
どんな風にしたら、追いつめられるのかを知り尽くしているところです。
そういうところです。

 

弁護士や司法書士が提示した和解金ですぐに対応は絶対にしません。
とにかく、時間がかかります・

 

専門家にまかせることを強くおすすめします。

 

 

あなたはどちらを選びますか?

 

@できるだけ費用は安く済ませたい!

 

A少々時間はかかるかもしれないが、過払い金は全額取り戻したい!

 

 

あなたの優先する方で債務整理のプロをお選び下さい。

 

どちらも相談は無料です。

 

両方の無料相談を使い、自分にあった方を選ぶのもいいでしょう。

 

 

できるだけやすく済ませたい 費用21000円! 過払い金は満額請求

 

=料金=

 

着手金・減額報酬 0円!

 

債務整理1社 21,000円!

 

【過払い請求】 完全成功報酬型!

 

 

事務所からのメッセージ

 

実際に初期費用・着手金を頂くことは一切ありません。

 

金融会社1社あたりの債務整理費用も
依頼者の費用負担を抑える料金設定の
21,000円(税込み)としておりますので
安心してご相談いただければと思います。

 

取立て即日ストップも可!

 

 

 

=料金=

 

着手金 0円!

 

(a)定額報酬

 

債務の残存する場合金52,500円
債務のない場合金5,250円

 

(b)過払い金の返還請求に成功した場合の報酬

 

返還された額の19.95%〜

 

 

事務所からのメッセージ

 

「消費者金融が恐れる司法書士」
日本一に選ばれた杉山一穂にお任せください。
債務整理のプロにしか分からないノウハウがあります

 

 

 

新大阪法務司法書士事務所の特徴

 

新大阪法務司法書士事務所のモットーは一刻も早いアクション!過払い金返還請求について「迅速な回収」が基本です。
消費者金融側は過払い金をできるだけ、払いたくありませんから、妥協点を提示し「示談」を交渉してきます。

 

払いすぎた利息が多少減ったとしても、とにかく早く煩わしい借金から解放されたい!ならかかる費用も安いですから、新大阪法務司法書士事務所がよいでしょう!

 

新大阪法務司法書士事務所

 

杉山司法書士事務所の特徴

 

杉山司法書士事務所が消費者金融から恐れられている理由は、債務整理や任意整理で過払い金がある場合は、満額請求をするためにしっかり裁判を起こして、妥協しないという点です。
これは、消費者金融にとっては実にイヤな相手だということになるのです。
示談にせず、払い過ぎた利息を「ビタ一文負けない!」という強い姿勢で、面倒でも裁判をしますから少々時間はかかる場合はありますが、それでもとんでもなく時間がかかるということはありません。

 

ですから、他の事務所と違って5点の約束があります

 

1.必ず司法書士との面談の上、受任を行います。
2.必ず依頼される本人と面談の上、相談業務を行います。
3.進捗の節目ごとに連絡を行い本人の意思確認の上、進めます
4.法定利息での再計算の結果過払いが発生した場合、裁判での解決もいとわず、
可能な限り有利な和解を目指します。
5.担当司法書士が最後まで責任を持って対応を致します。

 

「払いすぎたお金は全部取り戻したいから、示談はしない」という方には、杉山司法書士事務所は期待を裏切りません!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ